現実を変える「ナラティブ」の力を使う〜ヒマラヤFM

現実を変える「ナラティブ」の力を使う〜ヒマラヤFM
2021年8月31日 sofu

こんにちは。創風塾です。

今週のヒマラヤFMの
「Egamingのあなたもブランドになれる!パーソナル・ブランディング講座」では、
創風塾塾長の江上鳴風が、
『現実を変える「ナラティブ」の力を使う』というテーマで、
何かに挑戦するときに、物語が持つチカラを使おうと語ります。

それでは早速、メッセージとともにお聴き下さい。

 

 

スターウォーズのストーリーは
よくある神話と同じ展開でできていることは
よく知られています。

ものすごく簡単に言うと
スターウォーズとは「父との和解」の物語です。

ルークとアナキンの古い6作も
女性のレイが主人公の新しい3作も。

SFの冒険活劇的な要素や
西部劇、恋愛劇、喜劇的な要素も入れながら
でも、最終的な芯の芯にあるのは
「父と子の関係」です。

映画シリーズとして40年以上の継続と、
価値で700億ドル(7兆円超)を可能にしたのは
物語の核心に「父と子の葛藤と和解」を
置いたからにほかなりません。

だって、それは
私たち全員が想起できる物語だからです。

世界中みんなが関心がある。

これが古典的な物語
「ストーリー」の持つ力です。

もう一つ、ストーリーではない
力を持つ物語があります。

それが「ナラティブ」です。

ナラティブも訳すと「物語」ですが、
ナラティブに、ストーリーのような
明確な筋書きはありません。

ナラティブとはみんなで一緒に書いていく
物語と言ってもいいかもしれません。

以下にナラティブの典型を引用しますね。

 

======================

(前略)
絶望の谷間でもがくことをやめよう。
友よ、今日私は皆さんに言っておきたい。
われわれは今日も明日も困難に直面するが、
それでも私には夢がある。
それは、アメリカの夢に深く根ざした夢である。

私には夢がある。
それは、いつの日か、この国が立ち上がり、
「すべての人間は平等に作られているということは、
自明の真実であると考える」というこの国の信条を、
真の意味で実現させるという夢である。

私には夢がある。
それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、
かつての奴隷の息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、
兄弟として同じテーブルにつくという夢である。
(後略)
======================
※「私には夢がある」(1963年)マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
https://americancenterjapan.com/aboutusa/translations/2368/

 

この物語は、古びず、かつ、毎日いまでも
たくさんの「わたし」たちによって
更新されていく物語です。

 

今週のヒマラヤFMでは、
そんな「ナラティブ」物語のチカラのことを
話しています。

 

 

ヒマラヤFM エガミンのあなたもブランドになれる!パーソナル・ブランディング講座
第206回 現実を変える「ナラティブ」の力を使う

 

いかがでしたか。
あなたのパーソナル・ブランディングのヒントを受け取っていただけたでしょうか。

パーソナル・ブランディングの実践塾「創風塾」の
第4期は、昨今の状況を鑑み、コロナ禍が収まるのを待って、
装いも新たに2022年開講を予定しています。

詳細が決まり次第、当ホームページにもご案内いたしますが、
確実に受け取りたい方は、ぜひ、ディープビジョン研究所のメルマガをご登録下さい。

↓↓↓

ディープビジョン研究所メルマガご登録フォーム