2つの「きょうそう~共創と競争」の活用法〜ヒマラヤFM

2つの「きょうそう~共創と競争」の活用法〜ヒマラヤFM
2021年8月24日 sofu

こんにちは。創風塾です。

今週のヒマラヤFMの
「Egamingのあなたもブランドになれる!パーソナル・ブランディング講座」では、
創風塾塾長の江上鳴風が、
「2つの「きょうそう~共創と競争」の活用法」というテーマで、
共創コクリエイションと競争コンペティションをどう使うか、について語ります。

途中で、先週のヒマラヤFM共創に必要な「3つのリスニング・スキル」とは?〜ヒマラヤFMにも触れます。
まだ視聴されていない方は、合わせてお楽しみ下さい。

 

それでは早速、メッセージとともにお聴き下さい。

 

 

「きょうそう」というと
皆さんはどんなことばを思い浮かべますか?

競争

共創。

あるいは強壮、狂騒(笑)

このところ「共創」という
ことばを聞くことが非常に多くなりました。

そしてそれに伴って
「競争」の方は少しネガティブなイメージが
強くなってきているかもしれません。

この2つの「共創」と「競争」が
何のために存在するかというと
問題解決のためです。

つまり、早い話、
問題が解決できればよい、のです。

この2つの「きょうそう」は
そのためにある、と考えましょう。

対立項ではなく、
お互いを支えあう共存項です。

共創の場で、健全な競争が起きるとき、
その場の創造力と生産力は
飛躍的に高まっていきます。

それは、問題解決にとって、
とても幸せなこと。

共創の場づくりとは、
いかに健全な競争を持ち込めるかが
大きなポイントです。

今週のヒマラヤFMは、
「共創」と「競争」の関係と活用法について
話しています。

 

 

ヒマラヤFM エガミンのあなたもブランドになれる!パーソナル・ブランディング講座
第205回 2つの「きょうそう~共創と競争」の活用法

 

いかがでしたか。
あなたのパーソナル・ブランディングのヒントを受け取っていただけたでしょうか。

パーソナル・ブランディングの実践塾「創風塾」の
第4期は、昨今の状況を鑑み、コロナ禍が収まるのを待って、
装いも新たに2022年開講を予定しています。

詳細が決まり次第、当ホームページにもご案内いたしますが、
確実に受け取りたい方は、ぜひ、ディープビジョン研究所のメルマガをご登録下さい。

↓↓↓

ディープビジョン研究所メルマガご登録フォーム